借り入れ上限

サラ金の借り入れ上限額

消費者金融でキャッシングを利用する際には、無制限に金額を設定することはできず、各会社によって限度額が決まっていることがほとんどです。

 

 

たとえばプロミスやアコムといった消費者金融では上限金額は500万円となっています。ちなみにモビットは800万です。

 

初めてキャッシングを利用する際に数百万必要という人や、ただちに500万円用意したいという人は珍しいかと思います。

 

そのため現実的に考えると500万円といった限度額は適切なものではないでしょうか。

 

それに貸金業法では一部を除いて、年収の3分の1までしか貸すことができないと定められているため、

 

もし500万円という金額を申し込むのであれば、年収が1500万円以上であることが必要となってきます。

 

この貸金業法の規定をふまえると、先ほど挙げたプロミスやアコムが限度額を500万円に設定していたとしても、申込者の年収が300万円出会った場合は、借入限度額は100万円となります。

 

これに加えて、年収が300万円だったとしても、初回の利用で限度額である100万円を即日振込してくれるというわけではありません。

 

消費者金融の業者が、申込者の信用度を審査し、それに通過しなければいきなり上限金額分を貸してくれるということはありません。

 

初めてキャッシングを利用するのであれば、金額は数万円から数十万円が妥当と考えていいと思います。

 

そうしてできるだけ少額のキャッシングからおこなっていき、それを滞らせず毎月きちんと返済していくと、利用者に対する信頼度が上がっていきます。

 

そうすると限度額近くまで借りられるようになり、中には消費者金融業者側から借入についての勧誘がおこなわれることもあります。

 

こちらから「借入の限度額を上げて欲しい」と業者に交渉することもできますが、毎月きちんと返せているという事実を作り、業者に「この利用者は信用できるから、もう少し貸してもちゃんと返済してくれるだろう」と思わせるようにすることをおすすめします。

 

つづいて、キャッシングでの限度額について以下のように考える方もいるかもしれません。

 

「プロミスとアコムの限度額は500万円か。自身の年収は400万円だから、貸金業法の総量規制を考慮すると、年収の3分の1ということで限度額はだいたい133万円だな。じゃあプロミスで100万円借りて、その後にアコムで100万円借りよう」
このような考えは間違っています。

 

借入限度額の総量規制は、各金融会社で借りられる金額ではなく、自分が借りられる金額の総額です。
そのため、年収400万円の人がプロミスで100万円借りたのち、アコムへ行ったとしても100万円借りることはできず、借りられる金額は最大でも33万円というのが正解です。

 

このような情報は、消費者金融会社の各社が個人信用情報機関に登録して情報を共有しているためすぐにバレます。

 

たとえばJICCやCICなどの個人情報機関に情報開示依頼を出してみるといいでしょう。

 

そこに個人の情報は正確に管理されています。