サラ金の審査

少額借り入れでも審査はある

今すぐに5万円用意したい、10万円借りたいという状況になったとしても、キャッシングは申し込めば必ず貸してくれるとは限りません。

 

 

各会社が申込み者に対してしっかりと審査をおこない、返す能力があると判断された人にのみお金を貸します。

 

審査の基準については会社によって違い、どのような判断ラインがあるかは明らかになっていませんが、審査で重視される点は、年収や他者での借り入れ状況だと言われています。

 

貸金業法では、一部の例外を除いて年収の3分の1までしか貸すことができないと定められているため、申込者の収入に対して、その人が希望する金額が多すぎる場合は審査に通過することはありません。

 

年収につづいて、他者での借り入れ履歴などが審査の際に見られます。

 

信用情報機関等を通して、その人の履歴を調べ、現在お金を借り過ぎていないか、他者での返済状況、過去にトラブルを起こしていないかを見ていきます。
このときに特に問題が無ければ審査に通り、お金を貸してもらえることになるのですが、申込内容が信用情報機関にある情報と異なっていたり、虚偽の申し込みの疑いがあると判断された場合は、借入状況に問題が無かったとしても審査が通らないということも起こります。

 

キャッシングでは担保や保証人も必要ないため、業者側も申込み段階で不備や信用を損ねる情報があった場合にお金を貸さないというのは当然の判断かと思われます。
そのため、キャッシングを利用する際には審査で不都合にならないために、虚偽の記載などは決しておこなわず、自身の借入状況等をクリアにした状態で申込みをおこないたいですね。